汚れ

糸を染色や仕上げ加工をしていながら時々汚れがついていることに気が付くことが
あります。そんな時水洗いだけでは落ちない汚れがしばしばあります。そんなときは
どのような汚れかをよく判断して作業したなければなりません。例えば汗汚れは薄いアンモニア
を使うとか・・・。染工場といっても染、仕上げだけの知識だけではなくクリーニング店的な
知識も必要になる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください